オーダースーツのいろは

オーダースーツ作りの基礎をご紹介!

当サイトではオーダースーツを仕立てるメリットを紹介します。
自分でこだわりで生地やデザインを選んだジャストサイズのスーツは、できる大人はもちろん、特別な日の主役になるべき子供なら1着は持っておきたいものです。とっておきの1着があれば他人に差をつけることができ、おしゃれに妥協しないあなたの存在感を示すことができること請け合いです。
既製品にはないオーダーの魅力は数多ありますが、それらを徹底解説いたします。

オーダースーツを作るメリットとは?一着は欲しいオーダーの魅力

オーダースーツを作るメリットとは?一着は欲しいオーダーの魅力 オーダースーツのメリットはいくつもありますが、まず基本的なのは着る人の体にぴったり合ったサイズが仕立てられるということです。
どんなに高級な既製品を着ていても、肩の位置がずれていたり袖やズボン丈が長すぎたり短すぎたりしていては、格好よく見えません。ジャストサイズだと見栄えも良く着心地も格段に良くなります。
また生地の質感や色を自分の好みにして、デザインにもこだわって世界に1着だけの特別品を仕立ててもらえるというのもオーダースーツの魅力です。
成人式や結婚式など特別なロケーションではもちろん、ビジネスシーンでも他人と被ることがないので、おしゃれにこだわる人にとっては必要不可欠と言っても過言ではありません。

体にフィットするオーダースーツにもデメリットはある

体にフィットするオーダースーツにもデメリットはある 体にフィットしてシルエットもきれいに見える等メリットが多いオーダースーツではありますが、デメリットもあります。
それぞれのスタイルにピッタリと合ったものを作るわけですから、当然採寸は細かく行わなければならず、時間や手間がかかってしまいます。時間ある時でないとお店での採寸だけでもかなりの手間であり、デザインも自分では選ぶのが大変という人も多いようです。
普段からファッションに興味を持っていて、オーダースーツを作る時にどのようなデザインにするかを前もって考えている人なら良いのですが、関心もなくて好みもよく分からないようでは選ぶのが大変です。その場合は、お店側に職業や用途を伝えると、それに見合った生地を用意してくれます。
価格に関してもデメリットがあります。手間や時間がかかるわけですから、既製品よりも高額になります。
特に生地を高級品にしたりデザインを変わったものにすると、一般的なものよりも値が張って驚くかもしれません。
オーダーしても、手元に届くまでには1週間程度を要することも気になる点です。すぐにでも着用したい時にはオーダースーツが出来上がるのを待ってはいられませんので、時間的に余裕のある時に作ることになります。

生地にこだわり抜いたオーダースーツを持とう

スーツはビジネスマンの必須アイテム。
オーダースーツは生地選びから自分好み、世界で自分だけの1着を作ることができます。
オーダースーツはまず採寸からはじまります。
一人一人身体の大きさは違います。
標準の体型より手が長い人、脚が長い人など様々です。
自分のサイズにぴったりあったオーダースーツはいままで以上に洗練された印象を与えます。
生地選びはジャケット、パンツだけでなく裏地やポケットの中など細かい部分までを指定します。
ジャケットを脱いだ際の見える裏地の色にこだわり個性を出すことも可能です。
ボタンの色や襟の形も自分好みに指定します。
スーツの色と合わせたボタンで統一感を演出するのも、あえて違う色を選ぶことで差し色として楽しむことも可能でセンスが光る部分です。
スーツの着こなしはその人の第一印象に大きく関わる部分です。
できる仕事人に見合った素敵なスーツを着ることでいままで以上に仕事の効率がよくなること、間違いなしです。

オーダースーツは着心地が抜群な特徴がある

社会人になると仕事のときにスーツを着る機会が増えますが、どのようなスーツを買うのかで大きな違いがあります。
スーツにも種類がありますし、完成されている商品を購入するスタイルやオーダースーツで自分に合うスーツを注文して買うことも可能です。
オーダースーツはしっかりと自分の身体に合うように作られているので、着心地が抜群な特徴があります。
オーダースーツは若干料金が高く設定されているケースが多いですが、着心地だけでなく見た目も綺麗に着こなすことができます。
シルエットも抜群に綺麗になるので、第一印象を良くすることができますから、社会人であれば1着ぐらいオーダースーツを持っておいたほうが、重要な場面で役に立つ筈です。
注文してから実際に作り出すので、すぐに商品を手に入れられる訳ではないですから、早めに注文をしておくと安心できます。
各自でスーツにこだわりを持つことができますから、大切に着ていくことができる筈です。

オーダースーツは体型に合わせて作ります。

既製品のスーツは値段が安いですが、自分にぴったりのサイズの商品は見つけるのが難しいです。
オーダースーツはスタッフが採寸を行い、生地選びなどが出来るので体型や希望のデザインに仕上げることが出来ます。
数多くの専門店が存在するので、口コミの評価が高く注文から納期までが早いお店を選んでおくと良いでしょう。
デパートや百貨店のオーダースーツ専門店では、接客マナーが丁寧なスタッフが在籍をしており、納得が行くまで打ち合わせが出来るので安心です。
背が高い人、太っている人、小柄な人などは既製品では、自分に合うサイズのスーツが少ないと感じることがあります。
オーダースーツの場合はどんな体型の人でも、自分にぴったりのサイズに仕上げてくれるので安心です。
オーダースーツの専門店では、仮縫いに時間を掛けてくれるので安心して利用出来ます。
既製品のスーツに比べると値段は高めですが、美しいシルエットに仕上げることが出来るため、スタイルを良くみせることが可能です。

オーダースーツを低予算で注文し購入する方法

オーダースーツと言うと富裕層だけの特権というイメージですが、それはデザインをイチからカスタマイズするテーラーメイドであり、ミニマルオーダーならさほど高くない予算で自分の体形にぴったりあったスーツが作れます。
ミニマルオーダーとはパターンオーダーを採用した元ある型からの微調整でサイズをあわせていくため、低価格かつ1週間から2ヶ月ほどで作れるオーダー方法です。
ミニマルとは最小限という意味で、テーラーメイドで利用されるモデルやオプション選びなどのムダを全てはぶくため低価格が実現できました。
低価格でもほとんどの服飾店では生地の色や素材などを100通り以上取り揃えており、洗えるスーツ生地を選べたり春夏向けや秋冬向け、通年向けなど色々なシーンを選べます。
凝ったデザインや裏地の選択、軽微なデザイン変更はできませんが、シンプルなオーダースーツゆえどんなシーンにも似合う服が低価格でスピーディーに購入できるのです。

オーダースーツの試着は行った方が安心できます

オーダースーツを作る際には、流れとしてお店側と購入者がどのようなスーツを求めているのかを相談することが始まりです。
次に採寸をきちんと済ませてから使う生地を選んで後は待つだけという方法が通常では多いのではないでしょうか。
この流れでも勿論問題はありませんが、出来るだけ試着できるお店でオーダースーツを購入することは推奨できます。
試着においてはゲージ服というものがあり、予めいくつものパターンを用意していて袖や裾など個人差がある部分は何段階ものゲージが設定されているものです。
この方法であれば後から少し窮屈に感じてしまう失敗や、逆にゆとりを持たせ過ぎた失敗などを避けることができるので、理想とするスーツを仕立てることが可能になります。
オーダースーツの場合は、一般的には高価な買い物になることから、失敗してしまう問題は少しでも可能性があれば避けなければなりません
。従ってゲージを使う方法を採用しているお店の方がベストと考えられます。

オーダースーツを作るならばポケットにもこだわろう

オーダースーツを作るのであれば、デザインはもちろんですが、細部のポケットなどにもこだわりを持ちたいところです。
オーダースーツのポケットは想像以上に種類があるため、どのような特徴があるのかを把握し、ぴったりのものを選びましょう。
まず最初に挙げられるものがフラップと呼ばれるものです。これは多くのスーツで採用されているものであり、蓋のようなものが付いているものです。
雨やほこりが入らないようにするための蓋をフラップと呼び、別の布を蓋として取り付けているのが一般的です。2つ目がスラントと呼ばれるものであり、やや斜めにカットされた腰につけるものです。
もともとは乗馬服についていたものですが、斜めに角度が付いているため、体型をスタイリッシュに見せることができるでしょう。
そしてジャケット右側の腰の上部分に漬けられている小さなものがチェンジです。日本語で小銭を表していて、ウェストの位置が高く見えるため、脚長効果が期待できるでしょう。

気軽にオーダースーツをインターネットから注文

オーダースーツをインターネットから注文するのは難しいと感じている方も多いでしょう。 しかし過去に注文した経験があり、その時から体型が変わっていない場合にはサイズ感も変わっていません。
そのため店舗に足を運ぶのが面倒だったり、時間が作れない場合には気軽に作ることができ便利です。 オーダースーツでは通常よりも体型はもちろん生地やデザイン、ボタンやラペル幅など細かく選択できます。
そのため自分の好みに合った一着を選ぶことができます。 店舗でのオーダーの場合には来店した際にすべてを決めるという制約が生まれ、時間も掛かる為ゆっくり決められないこともあるでしょう。 しかしインターネットから注文するのであれば、空いた時間でゆっくりと見ることができます。
オーダースーツならではの細かい注文をしっかりと検討し、自分の好みを一着を選べるでしょう。 最近ではアプリをインストールして自身の体系を撮影、いくつかの質問に返答するだけで採寸できるサイトもあります。
もちろん実際に採寸しないと不安な方も多いかもしれません。 ただ完成後、一回目のサイズ直しは無料なところもありますので気軽に作れるメリットもあります。 自宅にいながら自分好みのオーダースーツが作られるのは非常に気軽なので、是非検討しましょう。

オーダースーツのメリットは自分に合ったサイズでスーツを作れる所

ビジネスシーンで欠かせないスーツは、初対面の人に与える印象を左右すると言っても過言ではない程です。きちんとした身だしなみは相手に好印象を与えますし、自分に合っているスーツを着ることは仕事をする上で自分自身のモチベーションの向上にも効果的です。
自分に合ったスーツを購入する為には、オーダースーツの購入をおすすめします。オーダースーツはその名の通りスーツの素材やデザインなどを自分好みにすることが出来ますし、サイズを細かく採寸してから仕立てるので自分に合ったスーツづくりをすることが出来ます。
オーダースーツと言うと価格が高いと考える人もいますがフルオーダーではなく、イージーオーダーやパターンオーダーなどの種類を選ぶことで予算を抑えたスーツづくりが可能です。
オーダースーツに興味があるという人は自分に合ったスーツづくりをスタートさせる為に、専門店などで店員さんに予算や希望を伝えて相談をしてみてはいかがですか。

オーダースーツを作る際にこだわりたいラペル幅

清潔感とトレンド感を兼ね備えた髪型やステータスシンボルでもある高級腕時計や人に不快感を与えない完璧なエチケット対策など、ビジネスシーンにおいてできる男の象徴となり得る要素は幾つかありますが、洗練された雰囲気のお洒落なスーツもその最たるものです。
ビジネススーツはサイズ感が命ですので、体にぴったりフィットさせたいならオーダースーツを作るべきです。フルオーダーになると価格が高くなってしまいますが、セミオーダーならお直しが必要な既製品スーツよりもコストパフォーマンスは高いかもしれません。
色や素材やボタンや身幅や袖丈やパンツの細さ・長さなど、オーダースーツ作りにおいてこだわりたいポイントは数多くありますが、ラペル幅もその一つです。
細めにするとフォーマル感がアップし、太めにするとトレンド感が出ます。流行り廃りに左右されたくないなら、細くも太くもない平均的なレギュラーラペルにすべきです。細かい部分にまでこだわって理想のスーツに仕上げましょう。

素材から選ぶ初めてのオーダースーツつくり

オーダースーツというと、格式高く自分にはまだ先の段階だと感じていらっしゃるかもしれません。既製の製品に比べるとお値段は上がるかと思いますが、お値段以上の価値はあります。
オーダースーツは自分の体型に合わせて、デザインも素材も一から選ぶことができます。ワクワクした気持ちになり完成して手元に届くのが楽しみの一つとなります。
手元に届いた後も、大切に扱い着用の際にも自信に満ち溢れた気持ちになります。素材もたくさん種類があります。大きく分けて、ポリエステルなどの化学繊維。
もう一つは、ウールなどの天然の繊維になります。カシミヤやシルクは肌触りも良く着心地も良いでしょう。お手入れには、洗濯表示のタグをしっかり確認してから洗濯なりした方が長く持たせることができるでしょう。
化学繊維は天然繊維に比べると比較的安価で、お手入れもしやすいです。生地によって体感温度は変わりますので、季節に合わせて選ぶのもオーダースーツの楽しみです。

オーダースーツが完成するまでの期間は種類によって違う

筋肉も脂肪も少ないガリガリの痩せ型でいちばん小さいサイズを選んでもパンツのウエストやジャケットの身幅が緩い、胸板が厚く肩幅が広い逆三角形のマッチョ体型で上半身がパツパツになりちょっとした動作でジャケットが破れてしまうことがある、ウエストに合わせると太ももがきつくヒップに合わせるとシルエットが崩れるなど、スーツをジャストサイズで着こなせないという悩みがある男性は多いのではないでしょうか。そんな男性の悩みに寄り添い、着心地抜群でジャストフィットなかっこいい着こなしを叶えてくれるのがオーダースーツです。オーダースーツが完成するまでの期間についてですが、フルオーダーの場合は2ヵ月以上かかり、イージーオーダーやパターンオーダーの場合は数週間程度で完成します。全身の採寸をしてデザインや生地やシルエットや細かいディテールにもこだわるフルオーダーのオーダースーツを作る場合は、余裕を持って早めに申し込みをしましょう。

丁寧な採寸でジャストサイズのオーダースーツを作る

糖質カットやお酒NGや高タンパクや低GI値など食事制限ルールが厳しそうというイメージを抱かれ飲み会や食事会に誘ってもらえない、電車内やエレベーター内や車内や飲食店などの狭い空間で周囲に迷惑がかかることがあり居たたまれない、新陳代謝が活発で汗が止まらなくなるなど筋肉モリモリマッチョマンには様々な問題がつきまといますが、自分の体にフィットするスーツが見つからないというのもビジネスマンにとては悩ましい問題のひとつです。そんなマッチョ男性の救世主となってくれるのがオーダースーツです。丁寧な採寸でデザインや生地選びにこだわれば、筋肉を美しく見せることが出来るフィット感抜群のジャストサイズが完成します。太ももの太さに合わせるとウエストが緩くなる、肩幅・身幅に合わせたら丈が長くなりシルエットが崩れるなど、一長一短の悩みはオーダースーツが一気にまとめて解決してくれます。胸板の厚さや背中の広さや発達した三角筋や引き締まった大殿筋や逆三角形シルエットなど、マッチョマン特有の肉体美もさりげなくアピールできます。

オーダースーツを作る際のラペル幅の決め方

胸板の厚さや脚の細さや肩幅の広さや肥満体型やお尻の大きさや腕の短さや首の太さなどが災いして、ジャストサイズのスーツに巡り会えたことが無く不本意な着こなしになってしまうという男性は多いのではないでしょうか。スーツをかっこよく着こなせないというのはビジネスマンにとって致命的な問題ですし、第一印象や好感度や営業成績にも悪影響を与えかねません。そこでおすすめなのが、自分のライフスタイルや好みやボディラインにぴったり合うオーダースーツを作るという方法です。色や柄や着心地やデザインや生地や耐久性やトレンドやボタンの大きさやネクタイ・ワイシャツとの相性など、オーダースーツを作るときにこだわりたいポイントは幾つかありますが、ラペル幅も妥協できません。ラペル幅の決め方についてですが、トレンドに左右されない定番を好むなら普通の太さのレギュラーラペル、クラシカルでフォーマルな雰囲気を演出したいなら細くてスタイリッシュなナローラペル、体が大きい男性は全体的なバランスを考えて太めで安定感のあるワイドラベルという決め方がよいでしょう。

オーダースーツでこだわりたい部分は耐久性

マッチョで筋肉がムキムキだったり痩せ型でウエストが細すぎたり皮下脂肪が多い肥満体だったり脚が長すぎたりなどの理由で、スーツをかっこよく着こなせたことが無いという男性は多いのではないでしょうか。そんな男性のためにあるのが生地やデザインを選べて全身の採寸でジャストサイズを叶えるオーダースーツです。トレンド感やサイズ感やカラーや柄やデザインやシルエットや清潔感やトラッド感や着心地やシャツ・ネクタイとの相性など、オーダースーツでこだわりたい部分はいくつかありますが、生地の耐久性もその一つです。車のシートベルトや自転車のサドルやショルダーバッグなど、ビジネスマンの日常生活においてスーツが摩擦ダメージを受けるシチュエーションは意外と多いです。スーツの寿命は4~5年と言われていますが、耐久性に優れた摩擦ダメージに強い生地を選んでオーダースーツを作れば、5年以上持たせて年月が経過しても美しい状態を維持することが可能です。

オーダースーツで使われる高級生地の特徴とは

オーダースーツは、自分の体型に合ったスーツを作ることができよりおしゃれでスタイリッシュに見せることができます。そんなオーダースーツを注文する時に気になるのが、生地の違いになります。 高級生地は世界的に有名なブランドから、日本で作られている機能性に優れているものまで様々なものがあります。そのため、オーダースーツを作る際には生地の違いなどを知っておくと作りやすいとされています。 高級生地と一般生地の大きな違いといえば、素材が挙げられます。高級スーツと言われるイギリス製・イタリア製などのものには高価な素材が多く使われています。特に天然繊維であるウールを100%使ったものが高級な生地として使われることが多く、手触りや肌触りが良いのが特徴です。カシミヤも人気の高級素材です。美しい光沢や艶、肌触りや軽さなどが挙げられます。 高級な生地を使ってスーツを作りたいという場合には、光沢・柔らかさ・シワなどをチェックした上で選びます。また、定番ブランドを選ぶというのもおすすめです。

オーダースーツを長持ちさせる保管方法についての詳細ガイド

オーダースーツは、その名の通り個々の体形に合わせて仕立てられる高級品であり、適切な保管方法によって長期間着用することが可能です。
まず、汚れが生じた際は早めにクリーニングに出すことが重要です。
汚れを放置すると、生地が傷んだり色落ちする原因になります。
スーツの保管にはハンガー選びが肝心です。
形を崩さずに衣類を掛けることができる木製または厚みのあるプラスチック製のハンガーが適しています。
特に肩幅にフィットしたハンガーを使い、ジャケットの型崩れを防ぎましょう。
続いて、湿気はスーツの大敵です。
通気性の良い布製の衣類カバーを利用して風通しを確保しながら、適度な湿度を保つようにしましょう。
また、長期間保管する場合は、防虫剤を使用し虫食いによる被害を未然に防ぐことも大切です。
これらの点に注意してスーツを保管すれば、年月を経てもその品質を維持することができ、特別な日の装いとして末永く活用することができます。
オーダースーツはただ値が張るだけでなく、着る人の個性を反映する一品です。
適切なお手入れと正しい保管方法を実践すれば、常に最高の状態で着用することができるでしょう。
一流のスーツを長く愛用するためにも、これらのポイントをぜひお役立てください。

オーダースーツに撥水加工を施すメリットとは

オーダースーツは個々の体型に合わせて作られるため、最適な着心地と見た目を実現します。
しかし、オーダースーツを長持ちさせるためには、日常のお手入れが欠かせません。
その際に注目したいのが撥水加工という技術です。
この加工は、水や汚れが布地に染み込むのを防ぎ、スーツの清潔を保ちやすくします。
日々の通勤やビジネスシーンで思わぬ汚れに見舞われることもあるでしょう。
例えば、急な雨や飲み物をこぼした時なども、撥水加工があれば水分が表面で玉になり布地に浸透しにくくなります。
その結果、スーツの寿命を延ばすことに貢献し、頻繁なクリーニングの必要性も低めます。
また、撥水加工されたオーダースーツはメンテナンスが容易であるため、ビジネスマンにとって大きな利点です。
加工を施すことでシミになりにくく、短時間で清掃が完了するので時短にもつながります。
見た目の美しさを保ちつつ、機能性も求める現代において、オーダースーツに撥水加工をプラスすることは非常に合理的な選択と言えるでしょう。

オーダースーツ選びで重要なポイントとベストの役割について

オーダースーツ選びで重要なポイントというと、素材選びや採寸、デザインの選択が挙げられます。
自分に合ったオーダースーツを作るためには、まずは信頼できるテーラーを見つけることが大切です。
テーラーと一緒に、身体のラインに沿ったパーフェクトなフィット感を出すための採寸を行います。
その後、素材選びに入りますが、用途や好み、季節に応じた素材を選ぶことが重要です。
例えばビジネスシーンでは耐久性があり、しわになりにくい素材が適しています。
さらに、オーダースーツの魅力は自分だけのデザインを実現できることにあります。
カラーや柄の選択、ポケットのスタイル、ボタンの種類まで、細部にこだわることができるのです。
特にベストを取り入れることによって、オーダースーツの品質がより際立ちます。
ベストはスーツの仕上がりを引き締める役割を果たすだけでなく、寒い季節には保温効果もあります。
肌寒い日には上着を脱いでも様になるようなオーダースーツが完成するわけです。
そして、ビジネスシーンだけでなく式典やパーティーなどのフォーマルな場では、ベストの有無が優雅さを感じさせるポイントにもなるのです。
このように、オーダースーツを選ぶ際には、機能性やデザインの美しさ、そして自分らしさを反映できるかどうかが大事な要素となります。
オーダースーツは単なる衣服ではなく、自分自身を表現するアイテムであり、身に着けることで自信と品格を高めることができるのです。
オーダースーツへの投資は、その人の人生を豊かに彩る投資と言えるでしょう。

オーダースーツ選びで忘れがちなインナー選びのポイント

オーダースーツと一口に言ってもその種類や素材、デザインはさまざまです。
その中で、比較的見落としがちなのがインナー選びです。
オーダースーツを際立たせるためにも適切なインナーを選ぶことは重要であり、スーツの印象を大きく左右すると言っても過言ではありません。
まず第一に、インナーはスーツの素材と肌触りが良いことが求められます。
サラッとした質感のものを選ぶことで、快適な着心地を実現することができます。
次に、インナーの色選びですが、これはオーダースーツの色との調和を考える必要があります。
淡色のスーツには淡色のインナーを、濃色のスーツには濃色のインナーを選ぶと、全体のバランスが取れた印象になります。
さらに重要なのは、インナーが体にフィットし過ぎないことです。
適度なゆとりがあることで、スーツのラインを美しく見せることができます。
しかし、あまりにゆったりとしたインナーでは着ぶくれしてしまうため、バランス感を見極めることが肝心です。
インナー選びにおいては、これらのポイントを抑えることにより、よりスーツが映える着こなしが可能になります。
オーダースーツを完璧に着こなすためにも、自分に合ったインナーを見つけ、シーズンごとに選び直すことをおすすめします。

オーダースーツを格上げするネクタイピンの選び方とコツ

オーダースーツは身につける人の個性や品格を表現するための重要なアイテムであり、様々なシーンで活躍するものです。
しかし、オーダースーツ単体だけではなく、細部に行き届いたアクセサリーであるネクタイピンによってさらなる格上げが可能となります。
まずはネクタイピンを選ぶ際の基本としてシンプルかつ洗練されたデザインを選ぶことが大切です。
シンプルなデザインであればビジネスシーンにもプライベートにもマッチし、多用途にわたって使用することができます。
次にネクタイピンの長さは、選ばれたネクタイの幅に合わせることが重要です。
ネクタイピンが短すぎるとバランスを崩し、長すぎるとぎこちない印象を与えかねません。
理想はネクタイピンの長さがネクタイの幅をほぼカバーするくらいで、これは洗練された印象を醸し出します。
また、素材にも注意を払いましょう。
金属製のものは光沢があり、スマートな印象を与えることができます。
一方で木製や竹製のネクタイピンはナチュラルな温かみがあり、個性を演出するのに適しています。
このようにオーダースーツに合わせるネクタイピンは、見た目だけでなくシーンや個性に応じて慎重に選ぶことで、着こなし全体のクオリティを高めることができます。
さまざまな種類があるので、自分のスタイルに合った一本を見つけましょう。

オーダースーツの情報を集めよう

富山 オーダースーツ

新着情報

◎2024/5/1

情報を更新しました。
>オーダースーツを長持ちさせる保管方法についての詳細ガイド
>オーダースーツに撥水加工を施すメリットとは
>オーダースーツ選びで重要なポイントとベストの役割について
>オーダースーツ選びで忘れがちなインナー選びのポイント
>オーダースーツを格上げするネクタイピンの選び方とコツ

◎2023/7/3

情報を更新しました。
>オーダースーツが完成するまでの期間は種類によって違う
>丁寧な採寸でジャストサイズのオーダースーツを作る
>オーダースーツを作る際のラペル幅の決め方
>オーダースーツでこだわりたい部分は耐久性
>オーダースーツで使われる高級生地の特徴とは

◎2022/9/7

情報を更新しました。
>オーダースーツを作るならばポケットにもこだわろう
>気軽にオーダースーツをインターネットから注文
>オーダースーツのメリットは自分に合ったサイズでスーツを作れる所
>オーダースーツを作る際にこだわりたいラペル幅
>素材から選ぶ初めてのオーダースーツつくり

◎2021/11/2

情報を追加しました。

> 生地にこだわり抜いたオーダースーツを持とう
> オーダースーツは着心地が抜群な特徴がある
> オーダースーツは体型に合わせて作ります。
> オーダースーツを低予算で注文し購入する方法
> オーダースーツの試着は行った方が安心できます

◎2021/7/12

パーソナルオーダーの特徴
の情報を更新しました。

◎2021/4/2

ニューオーダーの特徴
の情報を更新しました。

◎2021/3/15

サイト公開しました

「スーツ サイズ」
に関連するツイート
Twitter

★ 男性女性秋と冬のファッション カジュアル無地ジッパー フード付きノースリーブ コットン トップ ベスト機能 ベスト メンズ スーツ 大きいサイズ メンズ チョッキ 夏4607

Lサイズ缶バ痛バを作らないのはスーツ衣装の缶バがいつか出るのを待ってるからってくらいにはスーツ衣装が大好き🥹

★ ヤマハ(Yamaha) バイク用レインスーツ セパレート YAR30 CYBER TEX2 ダブルガード オレンジ BLサイズ 防水 雨具 カッパ 90792-R055B

わぁ!!おでかけだわ〜〜!!かれらによさそうなサイズ……初鳥さんスーツ姿でこういうところにいたらオタクは喜ぶ

返信先:やった~!!抜いてください! あざれの好きな服なんだろな……シルクの手袋、かっちりしたコート、ジャストサイズスーツ……フフ…… わかぎはみつめくんの女装が見たいです(突然のカミングアウト)

Copyright (C) 2021 オーダースーツのいろは . All Rights Reserved.